好吃 好酒 好台湾!

中国語ができなくても 台湾の地元の人が通うお店で食べたい!飲みたい! だって...おいしいお店のはずだから~

    BANAR

    2021年03月


    一年以上も台湾に行けておらず、しかもこの先もいつになったら行けるのか見通しも立たず、欲求不満な日々が続く今日この頃。せめて過去の台湾旅行で撮った写真でも見て懐かしんでみることにした。

    375_LI (2)

    ↑ 美味しい鹹豆漿が食べられる台北市松山区の「秦小姐豆漿」近くの商店街は活気があり、いつも地元の人で賑わっていて、歩いているだけでもワクワクする。

    IMG_3578_LI

    ↑ 新北市板橋区「青翠市場」内のお店。大きなタライにビーフン炒めや大根とレンコンの煮物、煮豆などのお総菜がズラリと並んでおり、お客さんも次から次へと来る。きっと美味しいんだろうなぁ、機会があったら買ってみたい。

    IMG_5372

    ↑ 新北市板橋区の路地。通りすがりのおばちゃんが「この人何を撮っているのかしら?」と言ったいぶかし気な表情をしながら、ワタシの顔とこの風景を交互に何度も見ていた。住んでいる方には見慣れたいつもの街であり風景だろうが、ワタシには、これぞ「ザ・台湾」という風景なのだ。

    IMG_5375

    ↑ 新北市板橋区と台北市萬華区に架かる「華江橋」は、バイク専用道がある。さすがバイク大国。

    IMG_2724

    ↑ 台北市大安区の国立台湾大学。構内を少し散歩をしたがとても広く、学生の多くは自転車を利用していた。何カ所かある学食や売店は一般の観光客でも利用可能。農学部の牛乳が人気で、すぐ売り切れになるほどだとか。

    20171027194617-7785176 (2)_LI

    ↑ 台北市中正区の南機場夜市は、小規模ながらも地元民が多くいつも混雑している。水餃子の名店「来来水餃」で小腹を満たした後は、隣の通りにある居酒屋「尚介青鵝肉城熱炒」でゆっくり高粱酒を飲むのがいつものルート。

    BlogPaint

    ↑ 新北市深抗区にある豆腐の街「深抗老街」。日曜だったため観光客がとても多かったが、路線バスの車内は往復ともにガラガラだったので、普通は車か観光バスで来ているのだろうか?王水成の麻辣臭豆腐と炸手工豆腐が感動の美味しさだった。もう一度、平日にゆっくり行ってみたい老街。

    IMG_6038

    ↑ 台北市信義区・象山からの眺め。日曜に登ったら人が多くて大変だったので、天気の良い平日にもう一度登りたいと思うほど、気持ちの良い場所だった。

    懐かしむと言うより、台湾に行きたい気持ちがより強くなったかも・・・。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    日本の国花は「桜」と「菊」だが、台湾の国花は「梅」。街中のジューススタンドやコンビニでよく見かける梅ジュース「酸梅湯」↓ や、

    IMG_3545 (2)

    ↓ 干し梅に塩や砂糖をまぶし、手軽に食べれて熱中症対策にもなる菓子「話梅」などもスーパーやコンビニで売られており、台湾では身近な存在の梅。

    IMG_0098 (2)

    そんな台湾は、オリンピックなどに出場する際には「Chinese Taipei(中華台北)」と呼ばれ、使用する国旗は「青天白日満地紅旗」ではなく、国花である梅をあしらった「梅花旗」になる。

    1

    ↑ 「青天白日満地紅旗」

    2

    ↑ 「梅花旗」(左はオリンピック、右はパラリンピック)

    日本でも梅干しや梅酒など、梅は身近な存在だが、より身近と言うか惹かれるのが今の季節に美しく咲く桜である。その桜をモチーフにしたトーチを持って、先週からスタートした聖火リレー。開催の賛否などについては置いておき、1年前たまたま行った役所のロビーに実物が展示してあり目の前で見たのだが、それはそれは美しかった。

    IMG_7246

    ニュースでトーチを見て「キレイだなぁ」と思っていたのだが、実際に見て、想像以上に優しく美しいフォルムで、一瞬で心を奪われてしまった。

    IMG_7247

    色は「さくらゴールド」と言い、なんとも風情のある色の名前。横から見てもスッとして優雅だが、真上から見た時の桜がなんとも言えず美しい。形状と言い色味と言い、桜好きの日本人の心に響くトーチだと一人で感動していた。

    IMG_7249

    全長71cm、重さ1.2kg。素材の一部には、東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材が再利用されているらしい。

    IMG_7250

    そして、このトーチが1万本以上作られていると聞いて驚いた。一日80~90人が121日間にわたって走るので、(平均人数)85×121=10285。1万人以上が走るのだから、そりゃそうか。

    IMG_7252

    希望するランナーは、トーチを7万1940円で購入することができるらしい。うらやましい。しかし、何で日本人ってこんなに桜に弱いのかしら?ワタシだけ?笑。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    沖縄県名護市の「ヘリオス酒造」のお酒が、台湾向け輸出が好調だと新聞に載っていた。

    P1010375 (2)

    読んでみると、沖縄と言えばの「泡盛」ではなく、梅酒やビールらしい。まぁ、泡盛はクセが強いから、沖縄の人でも女性や若い人を中心に「お酒は飲むけど泡盛は苦手」と言う人も多いので、そりゃそうか・・・。

    IMG_0032 (2)

    ↑ 全てヘリオス酒造の梅酒。下戸な母でも「梅酒は美味しい」と言って、年に数回ほど水や炭酸で割って飲んでいるが、たしかに梅酒は飲みやすい。

    IMG_0035 (2)

    ↑ 見にくいが、ヘリオス酒造のビール4種。左から「青い空と海のビール(バイツェン)」「ゴーヤードライ」「シークワーサーホワイトエール」「星空のポーター(黒ビール)」。

    IMG_0012

    ↑ 母と違い呑兵衛のワタシは、ビールや梅酒よりも泡盛の「くら」が、やっぱり好き。「樫樽(オーク)」で熟成させているため樫の色や香りがお酒に移り、見た目は美しい琥珀色をしており、開封した時のフワ~っと広がる香りは、泡盛と言うよりバーボンのような感じ。味もバーボンに似ていて飲みやすく、泡盛初心者によく薦めている・・・笑。

    IMG_0022

    ↑ お店によっては化粧箱入り250mlボトルもあり、値段もお手頃なのでお土産などにも向いている。ワタシも、泡盛を飲んだことのない友人などにあげる際にはこのミニボトルを購入しているが、評判は上々。

    IMG_0021

    ↑ こちらもお気に入りのお酒「泡盛珈琲」。沖縄県内の様々な酒造所から出ていて、少しずつ味や香りが異なるが、お酒もコーヒーも好きなワタシにはどれも美味しい。

    P1010404 (2)

    アルコール度数12度なので「お酒」感はあるが、泡盛独特の匂いはほとんどなく、グビグビ飲めてしまう。缶チューハイなど甘いお酒が苦手な人には特に向いているかも。

    P1010405 (2)

    以前、自宅で泡盛をコーヒーで割って飲んでみたが、何か物足りないと言うか美味しくなかった・・・笑。

    IMG_0552 (3)_LI

    ↑ 2014年に行った台南の熱炒(居酒屋)では、店内のあちこちにヘリオス酒造のポスターが貼られていたが、その頃からの営業が今につながっているのでしょうね。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    ある休日のランチにやって来たのは、那覇の「まぜ麺 マホロバ」。

    IMG_9833

    お店の前には数名の人が待っているので、ノートに名前を書いてワタシも待ちましょう。

    IMG_9831

    外にもメニューが置いてあるので、何を食べるかは待ち時間を使って考える。

    IMG_9832

    とは言ってもメニュー自体は3種類、あとはトッピングをどうするか。

    IMG_9836

    頼んだのは「旨辛台湾まぜ麺」に、お店おススメの「納豆」トッピング。店員さんに辛さを聞くと「マイルドでもそこそこ辛いですよ」とのことなので「マイルド」でお願いする。

    IMG_9835 (2)

    待つこと10分、きた~。おみそ汁付き。

    IMG_9837

    納豆を投入し混ぜ混ぜ。一口食べると「ウマいっ!」太めの麺がモッチモチで、ものすごい弾力がある。納豆がいい仕事をしていてコクがすごい。うま味がたっぷりでお箸がススム、ススム。ただ個人的には、花椒がガツンときいていたらもっと好みの味と香りだったのにな~と思う。

    IMG_9838

    「そこそこ辛い」と言われた「マイルド」だが、全く辛くないので卓上にある「自家製ラー油」を入れるといい具合に辛くなった。しかし肉ダレも油が多めなので全体的に結構油っぽくなる。そんな時は玉子の味噌汁を一口。これもなかなか美味しく、しかもお替り可能。

    IMG_9834

    台湾とは関係ないが、今やすっかり一つの麺料理として確立した名古屋発祥の台湾まぜ麺。八角やパクチーなどが入っているわけでもないので、誰にでも食べやすい味になっている。次回は「ほどほど」の辛さ+納豆にしよう~っと。美味しかったぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    数年前から東京タワーや横浜赤レンガ倉庫で開催されている「台湾祭」。2020年は新型コロナの影響で延期となり、ようやく開催できた2021年1月は、開催期間中に緊急事態宣言の発令により営業時間や開催日の短縮という悲しい事態になってしまった。

    officialtop[1]

    今回は、1カ月という長期間開催、入場者数の制限、店舗数を減らすなどの感染防止対策を行っての開催となる。(もちろんマスク着用、手指消毒、飛沫防止用仕切りの設置などの対策もある。)

    foods

    2021年 4月16日(金) 〜 5月16日(日) 11:00〜21:00
    雨天決行 / ラストオーダー:20:00
    ※営業時間短縮等の要請があった場合、開催時間を変更する場合がございます。

    benefit1[1]

    今回は、台湾産パイナップルとエコバックがもらえるようです。
    東京タワー台湾祭のHPはこちらからどうぞ

    02[1]

    状況に応じて時間変更などの可能性もあるようだが、コロナ対策をきちんと行った上で、遊びに行きたいな~。

    (画像は全て東京タワー台湾祭より拝借)

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    パクチー(香菜)が好きなのでいつでも食べられるようにとプランターに種をまいたが、3カ月弱待っても変化ナシ ↓ 。

    IMG_9923 (2)

    農業経験者のG君が、育苗ポットに2パターンで種をまいてくれたが、こちらも1カ月経過しても音沙汰ナシ ↓ 。

    IMG_9622

    しゃ~ない、それならば必殺技だぁ。

    IMG_9925

    じゃ~ん!苗を二つ買って来た・・・笑。

    IMG_9933

    プランターに移し、お水をあげて終了。

    IMG_9932

    パクチーのいい匂い。摘み取って食べたいが、苗が小さいうちはダメだと書いてあるので成長するのを待ちましょう。スクスク育つといいな~。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


    BANAR5


    家に居る時間が多くなった昨今。以前に比べ、日本茶や台湾茶、コーヒーなどのお茶を、その時の気分に合わせてゆっくり楽しみながら飲むことが増えた。
    台湾で生産→発酵→製造されたお茶のことを台湾茶と呼ぶが、「東方美人茶」や「凍頂烏龍茶」「木柵鉄観音茶」「文山包種茶」などが代表的な台湾茶の烏龍茶になる。他にも「緑茶」や「紅茶」「プーアール茶」「ジャスミン茶」などの台湾茶もある。

    P1010418 (2)

    2019年に行った新竹県北埔老街のお茶屋さん「寶記」で買った東方美人茶の茶葉は、一缶150gで800元(約3000円)。値段だけを見ると高いが、北埔の特産品なので台北のお茶屋さんなどで買うよりも安いし、以前から甘い香りの東方美人茶が好きなこと、さらにお店の老闆の人柄に惹かれ、2缶購入。

    IMG_6574

    茶葉を発酵させのが紅茶、発酵させないのは緑茶、その中間の半発酵だと烏龍茶になるが、東方美人茶は烏龍茶の中でも発酵度が高く、どちらかと言うと味も香りも紅茶に近い。本来、害虫であるウンカが茶葉をむしばむことで、東方美人茶独特の甘い風味が生まれるらしい。しかし渋みはなく、甘い香りとふくよかな味わいで、一口飲むと贅沢な気持ちになる。

    IMG_6572

    烏龍茶は、烏龍茶特有の烏龍茶ポリフェノールを含んでおり、抗酸化、抗がん、抗菌などの作用があると言われている。具体的には、中性脂肪の燃焼を促したり、血中コレステロールの抑制、老化や虫歯、がん、生活習慣病の予防に効果があるとか。

    P1010355 (2)

    そんな東方美人茶を、少し前に買った有田焼の器で飲むのが最近のお気に入り。この器はB級品だったため釉薬の小さな汚れがあるが、そんなことは気にならないし、売っていれば3~4個買いたかったくらいステキな柄。

    P1010361

    そんなお気に入りの器で飲む、深い味わいながらも甘く優しい香りの東方美人茶。飲んだ後もノドの奥に香りが残り、余韻が楽しめる。それが贅沢な時間だな~と感じるし、豊かな気持ちになれる。美味しいって幸せなことだなぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    台湾に行けるようになったら絶対に行きたいお店がある。それはマスク専門店。少し前に何かで読んだのだが、台湾では最近、カラフルな色や柄が入ったmade in TAIWANの不織布マスクを専門に売っているお店があるらしい。

    mask

    ↑ 画像は「How mask 好罩」fbより拝借、謝謝。
    マスク専門店「How mask 好罩」のfbはこちらからどうぞ

    P1010350

    昨年の春先から半年近くは不織布マスクが手に入りにくく、お気に入りの生地で作った布マスクをすることが多かった。

    P4210473 (2)

    その後、不織布マスクは普通に買えるようになったが、無地の真っ白のマスクがつまらなく感じるようになってしまった。とは言え、感染予防の観点からは布より不織布の方がいいと聞くので、不織布マスクを使ってはいるが...。

    P1010405

    そんな時、那覇の台湾食材店「台湾宝島物産」で買い物をした際、帰りがけに台湾人オーナーからmade in TAIWANの不織布マスクをもらったのだ。カンゲキ!
    【「台湾宝島物産」の記事はこちらからどうぞ

    P1010408

    ↑ ピンクの迷彩柄なんて可愛すぎる。使いたいけどもったいなくて使えない...笑。いや、使えるけどもったいなくて捨てられない...笑。ということは、やっぱり使えないのか...笑。どうしたらいいのぉぉぉ。

    P1010407

    ↑ 数種類ある柄の中から自分で選んだのだが、こうやってみるとちょっと派手だったかな...笑。気分が落ちている時に使ったら元気になるかな。若しくは今年の大みそかにでも使おうかな。

    日本でも不織布の柄マスクは多少ネット販売されているようだが、台湾のお店に行き実際に見て、「きゃ~可愛い」「これ○○に似合いそう」などと言いながら選ぶのが楽しいのよね~ウフフ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    台湾のハイパーマーケット大潤發(RTマート)で購入した、香菇風味鶏絲麺(香菇=きのこ)。個包装された麺と粉末スープがそれぞれ5袋入っている。たしか6~70元くらいだったかな。

    P1010393

    日本でお馴染みのチキンラーメンは、日清食品の創業者、安藤百福さん(出生名:呉百福)が、出身地である台湾の一度揚げた麺、「台南意麺」や「鶏絲麺」をヒントに開発したと言われているのは有名な話。

    IMG_9908 (2)

    ↑ チキンラーメンは、麺自体に醤油やチキンエキス、香辛料などが練り込まれ、お湯を注ぐだけで食べることができる、便利な即席麺。

    P1010362 (2)

    ↑ 一方、今回の鶏絲麺は、麺にも粉末スープにもチキンエキスのようなものは一切入っていないもよう。チキンエキスが入っていないのに鶏絲麺とは、これ如何に??と思い調べたところ・・・

    P1010354 (2)

    そうめんくらい細い麺を一人前ずつ揚げたものが、鶏の胸肉のように見えることから「鶏絲麺」と言うのだとか。今では、鶏ダシのスープを使っていたり、鶏の細切り肉を麺の上にのせているお店などもあるようですが、もともとは見た目からついた名前のようですね(真偽のほどは定かではありませんが)。

    P1010352 (2)

    ↑ 話を香菇風味鶏絲麺に戻すと・・・これまた台湾でよく買って来る「油葱酥(フライドエシャロット)」を、細かく切ったセロリやパクチー、目玉焼きとともにトッピングして完成。

    P1010404 (2)

    ガツンと前面には出ていないけど、たしかにシイタケの味と香りがする。油葱酥のコクも出て美味しいなぁ。今回は鍋で30秒ほど煮て作ったが、お椀に麺と熱湯を入れしばし待てば出来上がるのは、日本のチキンラーメンと同じ。手軽に出来て助かるなぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    数年前のGWに台湾へ行った際、まだ体が暑さに慣れていなかったのと、きちんと水分や糖分の補給をしていなかったことで、軽い熱中症になったことがある。
    なので、その後はこまめな水分補給の他に、「あめちゃん」を持ち歩くようになった。

    P1010421

    先日、冷蔵庫内を整理していたら、台湾旅行の際にいつも持ち歩いていた「あめちゃん」を入れたジップロックが出て来た。

    P1010426 (2)

    その中に、台湾のホテルからもらって来た黒糖飴が3個入っていた。フロントのカウンターに「ご自由にどうぞ」的に置いてあり、毎日数個もらい現地で舐めていたのだが、多くもらいすぎて持って帰って来たもよう・・・笑。

    P1010423 (2)

    「日頃、沖縄の黒糖そのものを舐めているから、飴だと黒糖の味が薄いなぁ」などと偉そうに、同行者の長老や親分に言ったところ、「別に普通の黒糖飴じゃない。味が薄いと思うなら舐めなきゃいいじゃん」と言われた記憶がある。全くその通りなのだが・・・笑。そんな会話も懐かしくなり、ひとつ舐めてみると「たしかに普通に黒糖飴だなぁ」と思うのは何故だろうか・・・。

    P1010427

    こんな飴玉ひとつで台湾を懐かしむこのご時世・・・コロナでなければそんなことも感じなかっただろうなぁ。以前のようにいつでも台湾に行ける日が早く戻ってこないかな~と、強く思うのでした。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5

    このページのトップヘ