好吃 好酒 好台湾!

中国語ができなくても 台湾の地元の人が通うお店で食べたい!飲みたい! だって...おいしいお店のはずだから~

    BANAR


    満月の今日、2月26日は旧暦の1月15日。中華圏では「元宵節」の日。春節と言われる旧正月(2021年は2月12日)から数えて15日目の、満月になる日が「元宵節」とされ、春節の締めくくり行事である。

    IMG_2705

    台湾では、ランタンを灯したり、爆竹を鳴らしたり、元宵を食べる習慣がある。元宵は湯圓とよく似た見た目だが、材料や作り方が異なる別の食べ物。しかし、どちらも丸い形が家族だんらんを表し縁起が良いとされ、最近では湯圓を食べることも多いよう。

    754 (3)

    中華圏のお正月「春節」は、「元宵節」をもって終わりとなる。

    tuki

    日本人にはあまり馴染みのない「元宵節」ですが、せっかくの満月を愛でてみてはいかがでしょうか?

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    中華圏のお正月「春節」も明日で終わりですが、台湾観光局東京事務所のHPで春節のイベントを見つけたのでご紹介します。その名も「オンラインゲーム 紅包スクラッチキャンペーン」。

    P1010350

    ↑ ↓ 台湾の紅包(ポチ袋)。台湾も日本同様、お年玉の習慣がある。

    P1010351

    紅包スクラッチキャンペーンは、2月11日から3月12日まで開催されています。
    以下、HPからの引用です。
    今年2021年の春節元旦は、2月12日(金)です。家族団欒で過ごす伝統的な春節ですが、多くの人が新春に宝くじを買って、運試しを行います。そこで台湾観光局東京事務所より春節にちなんで、「手遊び台湾」シリーズとして2021年2月11日(木・大晦日)から3月12日(金)まで、1ヶ月の期間限定で、開運チャレンジとして、お年玉プレゼントが貰えるオンラインスクラッチゲーム『紅包(ホンバオ)スクラッチキャンペーン~台湾を学びながらお年玉ゲット』を開催いたします!
    詳細・応募などはこちらからどうぞ
    ゲームをスタートすると、画面中央に枠が出てくるのですが、そこを“スクラッチ”(マウスのカーソルを通過させて削っていくイメージ)して、計5枚の台湾の名所やグルメの情報を受け取ったあとに、キャンペーンの応募ができるようになっています。

    もらえるもの

    1週目は開運キーホルダー+エコバック、2週目はタオル+水筒入れ、3週目はアクセサリー+ミニクリアファイル、4週目はトラベルポーチが抽選で当たるようになっています。興味がある方は、新春開運!応募してみてはいかがでしょうか?もちろんワタシも応募済み・・・当たるといいなぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    台湾雑貨の店「ロンジーショップ」はこちらからどうぞ
    BANAR5


    宇宙飛行士の野口聡一さんが、宇宙から見た台湾の写真をツイートしていた。
    サイトへはこちらからどうぞ

    tw

    宇宙から撮った写真だからこその立体感に感動・・・。野口さんありがとう。

    taiwan

    野口さんが台湾の写真でツイートするのは四回目くらいかな? 
    野口さんも台湾が好きなのかなぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    BANAR5


    パクチー(香菜)が好きなので、自分でも育ててみようと種を購入し、プランターに種をまいたのが昨年12月中旬。 ↓

    P1010358 (1)

    ↓ 2カ月弱経過するも変化ナシ。

    IMG_9624

    ↓ 農業経験者のG君が、育苗ポットに2パターンで種をまいてくれたのが1月中旬。

    IMG_9484

    ↓ それから1カ月経過・・・こちらも何の音沙汰もナシ。難しいな~。

    IMG_9622

    種の殻を軽く潰し、一晩水に浸けてからまくと、発芽率が上がるらしい。もう少し暖かくなったら再度挑戦しよ~っと。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    BANAR5


    ある寒い日の朝ごはんに、具沢山の鹹豆漿を作ってみた。鹹豆漿は豆乳のスープで、台湾の定番朝ごはん。使ったのは、KALDIで買った「鹹豆漿の素」、3袋入りで198円。

    P1010359 (1)

    薄味好みのワタシには濃く感じるので、薄めに作らなければならない。
    最初に作った時の記事はこちらからどうぞ
    2回目に作った時の記事はこちらからどうぞ

    P1010358

    今回はこの一品でお腹いっぱいにしたかったので、多めの具材を用意。自家製ぬか漬けの人参・ブロッコリーの茎・二十日大根・セロリ、台湾で買って来た桜エビ・搾菜・キクラゲ。青ネギがなかったので白ネギで代用し、細かく切った以上の8種類を準備。

    P1010362

    ↑ 器に鹹豆漿の素を半分と具材を入れる。記事にはしていないが他にも何度か作っていて、ワタシには、鹹豆漿の素は半分がちょうどいいので今回も。

    P1010365

    ↑ 亀戸中央通商店街で買った冷凍の油條をトースターで焼き、一口大にカット。

    P1010368

    ↑ 温めた豆乳300㏄を注ぎ、油條とネギを入れれば完成。タレが半分なのであまり固まってこないなぁ。

    ↓ お酢を追加投入するとおぼろ豆腐っぽくなってきたので、いただきます。

    P1010367 (2)

    合うか心配だったぬか漬け野菜は、人参と二十日大根は古漬けなのもあり、ぬかの香りが強すぎてイマイチ。でもセロリとブロッコリーの茎はあまり気にならずなかなか良い。想像以上に合うのがキクラゲで、味の主張はないのにコリコリ食感がいい仕事をしている。今後、キクラゲは外せない具材のひとつかも。桜エビは、ぬか漬け独特の香りに若干負けてしまい香ばしさが半減・・・もったいないなぁ。とは言え、朝から栄養満点でお腹もいっぱい、体も温まり、贅沢な具沢山の豆乳スープで大満足なのでした。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    BANAR5


    Youtubeで台湾の動画を検索していると、非常に興味深い動画が見つかった。“宜蘭の日本語を話す原住民の村に訪れた”という内容の動画だった。

    その動画では、中国語を話せない撮影者が、日本語を話しながら原住民の方のおしゃべりに混ざっているが、住民のおじいちゃん、おばあちゃんは、若干の違和感があるものの、日本語としか聞こえない言葉で会話をしていた。

    その村の名前は宜蘭の寒渓村。台湾東部は“湾生回家”を見たことから、現在も日本統治下の時から暮らしている日本人やその次の世代がおり、日本語を話せる方が一定数いるようであるが、この寒渓村は事情が異なるようだ。

    ak

    調べてみると、この辺りの地域(宜蘭県南澳郷の3村、東岳村・金洋村・澳花村と、大同郷の寒渓村、計4村の地域)で話されている独自の言語に位置づけられているものであり、“宜蘭クレオール”というものだった。

    この地域に住んでいる原住民はアタヤル族になるのだが、もともと4つの村は分かれて生活圏を作っており、また厳密にはアタヤル人とセデック人とで系統も異なっていたが、1900年初頭の台湾総統府による移住政策により、新たな集落にまとめられている。ともにアタヤル族とされているが、当然、話す言語はアタヤル語とセデック語であり、同じ語群に属してはいるが完全なコミュニケーションがとれるような状況ではなかったらしい。そのため、移住後に簡単な日本語を共通のコミュニケーション手段として使い始め、このような“宜蘭クレオール”というハイブリッド言語が生まれたようだ。(日本統治下という当時の状況も相まっているようだ。)

    このような不思議な言語は世界の色々なところで発生しており、違う言語の民族が貿易をする際に、必要に応じた、簡単な単語による意思疎通から生まれることが多いようだ。このような言語を用いた最初の世代が話す言語を“ピジン言語”と呼び、その次の世代がこの言語を母語とするようになると“クレオール”という位置づけになるらしい。(日本でも沖縄や小笠原でクレオールがあるとwikiには載っていました。)

    この宜蘭クレオールは日本語を上層言語(語彙供給言語)、アタヤル語を基層言語とするクレオール言語であるため、日本人が聞くと日本語として聞き取れる部分が多いようだ。また話者も日本人に対しては、複雑な会話は難しくとも、日本語由来の単語を意図的に駆使して会話を成立させることは問題ないらしい。

    Wikiによると日本語起源の語が約65%、アタヤル語起源の語が約25%、中国語・閩南語起源の語が約10%で構成されているとなっている。

    下のリンクは毎日新聞のyoutubeで、宜蘭クレオールの動画になるが、撮影されている若いお父さんは一部中国語も混ざるが、ほぼ日本語に近い単語で話している。かわいい男の子を“色男だね~”と言ったり(沖縄もよく色男を使うけど、地理的に関係あるのか?・・・)。

    「宜蘭クレオール」:台湾の村 「ニホンゴ」話す先住民たち
    (毎日新聞YouTubeチャンネル)

    現在は30代位の住民は宜蘭クレオールを話すらしいが、学校では宜蘭クレオールは使わなくなっているようなので、この言語もいずれ滅びていくのかもしれない。ただ、youtubeのお父さんが子供に宜蘭クレオールでしゃべりかけているので、もしかしたら、台湾語と北京語のようなバイリンガルが残っていくのかもしれません。

    いずれにせよ、機会があればぜひ行ってみたい街です。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    BANAR5


    国の重要無形民俗文化財にも指定されている青森県のねぶた祭。そのねぶたが、2022年の「台湾灯会in高雄(台湾ランタンフェスティバル)」に出展されることになったもよう。
    記事はこちらからどうぞ

    935

    ↑ ↓ 2018年8月、台東県鐵花村でのランタン祭。

    934

    広々した公園に、幻想的な灯りのランタンが美しかった。

    936

    IMG_2209 (2)

    ↓ 昼間は台東の特産品など、手作り市のようなイベントも。

    990

    ↓ だいぶ欠けているが、炭火焼きの豚さん。

    IMG_2261

    ↓ この三枚肉を購入。肉の味が濃くとても美味しかった。

    20180831182914-10502190 (3)

    いつ開催されるのかまだ分からないけど、ねぶたも見たことないし、2022年の「台湾灯会in高雄」行ってみたいな~。

    photo3[1]
    (東北電力HPより拝借、謝謝)

    現地で組み立てるんだろうけど、こんなに大きなねぶたの移動は大変だろうなぁ。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


    佐賀県伊万里市で見かけた「タイワンツバメシジミ繁殖地」の看板。

    IMG_9678

    初めて耳にしたタイワンツバメシジミ。ツバメの仲間なの?シジミの仲間なの?と思い調べてみると、蝶の一種で、漢字で表すと「台湾燕小灰蝶」。この看板には幻のチョウと書かれている。

    IMG_9680

    羽を広げても2~30mmと、とても小さな蝶らしい。だから名前にシジミと付くのかな?日本では四国南部や九州、南西諸島など温かな地域に生息しているが、近年では絶滅危惧種に指定されているもよう。なぜタイワンと付くのか調べ切れていないけど、台湾原産なのかな??

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


    以前より沖縄やオーストラリアのグレートバリアリーフなどで大規模なサンゴの白化現象が問題になっているが、十数年前に宮古島や石垣島、グレートバリアリーフなどでスノーケリングをした際は、何時間でも潜っていられるほど美しい、色とりどりのサンゴが生息していた。しかしエルニーニョ現象による気温の上昇や台風発生頻度・経路の変化などにより海水の温度が高くなり、サンゴの白化が深刻化している。

    IMG_9654 (2)

    その白化現象が台湾でも問題になっていると新聞に載っていた。やはり影響しているのが昨年の記録的な猛暑と台風が到来しなかったことらしい。2019年に行った台湾の離島「小琉球」でもスノーケリングをしたが、台風の直後で透明度は高くなかったものの、十分にサンゴを楽しむことができた。あの周辺のサンゴの55%が損失とは・・・。

    20190819162003-7678632 (3)_LI
    (↑ 2019年8月、小琉球)

    白化の原因は海水の上昇以外にも、赤土の流出やオニヒトデなどの問題もある。白化=即「死」ではないものの、時間が経つと死んでしまうし、大規模であれば回復も難しくなる。

    IMG_4574
    (↑ 小琉球の観光名所・花瓶岩)

    地球を大切にしなければ・・・と改めて感じた記事なのでした。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


    久しぶりの台湾啤酒(ビール)。コレド室町の誠品生活で約400円と言う、驚きのお値段だった。現地のスーパーなどで買えば30元(約110円)くらいなので4倍近い・・・まぁ仕方ないけど。

    P1010355 (2)

    本当はonly 18dayを飲みたいところだけど、日本でそれは不可能なのでガマン。

    P1010353 (2)

    冷たいのが得意ではないので、冬だし冷やさなくてもいいかな~と思い、常温のままでいただくと・・・

    P1010356 (2)

    ビールなのにまろやか~口当たりがまるくて柔らかい。そして後味が甘い。冷やしていないからなのかな?
    夏、台湾のオープンエアの席で汗をかきながら飲む台湾ビールも美味しいけど、寒い冬に常温で飲む台湾ビールも乙なモノですなぁ。
    相変わらず軽くてウマいやつでした。

    ポチしていただけると励みになります
    にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    このページのトップヘ